Blog Image

ベビーカーでも移動が楽々! 1歳と2歳と4歳の子連れファミリーが伝える、「ビオスの丘」を楽しむためのポイント

アクティビティ 沖縄県 / うるま市

前回、「ビオスの丘」のアクティビティをお伝えした子育て中のMarina.です。今回は、親子でもっと園内を楽しんでいただくため、“乳幼児連れバージョン”としてお届けします♪ 小さい子がいるママとパパは必見ですよ!

「ビオスの丘」施設概要記事リンク

バリアフリー完備! ベビーカーを押しながら園内を散策しよう

バリアフリーに配慮されたビオスの丘では、ベビーカーや車イスを使いながらで移動しても快適。私も、1歳のむすめをベビーカーに乗せ、散策してきました。
例えば、
赤ちゃんのお昼寝タイムに被ってしまっても、気持ち良く寝かせてあげられることも!

園内を散策すると、ところどころに座れる場所があるので疲れやすいお子さんのちょっとした休憩にもオススメです。
色鮮やかな植物も、休憩中の
フォトスポットとしても楽しめます

湖水鑑賞船の待ち時間も、子どもたちが退屈しない工夫がたくさん!

子どもたちも楽しめるアクティビティなら湖水鑑賞船。
運行時間は30分おきで、私たちが受付に着いたとき、20分ほどの待ち時間がありました。子どもたちが大人しく待てるか心配でした。ただ、運行前の空いている船の中で座って待つことができました。!

船の中では、積み上げて遊ぶ木のおもちゃが置いてありましたよ。
4才と2才、私の息子たちには少し難しそう……でも興味津々な様子♪

他にも、待ち時間をどう過ごそうと思っていたら、なんと船乗り場のすぐ近くに昔懐かしい雰囲気の駄菓子屋さんがありました!
駄菓子はもちろん、アイスクリームやドリンク、おもちゃも。

待ち時間が長ければ長いほど子どもたちが退屈しないのか、気かがりですよね! おやつタイムするのもいいですね。

湖水鑑賞船はベビーカーのまま乗船オッケー!

湖水鑑賞船は、ベビーカーのまま乗船オッケーでした。小さい子がいても気軽に乗ることができます! 亜熱帯の森や湖に生息する生き物を間近で一緒に鑑賞することができるのが嬉しい♪

マイナスイオンをたっぷり浴びて気持ちいい

緑にあふれる園内を歩くのって気持ちいいですよね♪ 

お昼寝から目覚めたむすめも、はじめて見る景色が広がっていて嬉しそう。

竹馬やかっぷりげた、フラフープや縄跳びなど沖縄で昔から親しまれてきた遊びを、園内では自由に使えます。
親もこれで一緒に遊べますね!もちろん、道具を使ったあとは元の場所に戻すのも忘れずに。

遊御庭にあるダイナミックな遊具では、パパに手伝ってもらいながら、頂上まで登れた息子たち。

「ママ~! 見て~!」と嬉しそう。自然なまま作られているので、子どもは思いっきり体を動かせて、大人は体幹を鍛えられます。

私たちは、午前中にビオスの丘へ来ましたが、やっぱり園内は暑い。そう思っていると霧のシャワーが出てくる道も……!
日中はさらに
暑くて火照った体にひんやり冷たくて気持ちいい。とくに、息子たちの真夏の熱中症対策としても一安心ですね。

細かい配慮が嬉しい 美味しく楽しく「おもろ茶屋」でランチタイム

家族で体を動かしたあとはランチしながら涼みましょう。お食事処・おもろ茶屋では、沖縄そばやタコライスなどの沖縄料理を楽しめます。

レジ横でジューシーおにぎりが販売されているので、お腹が空いて待てない子どもたちにもすぐに食べさせることができますよ♪

店内はすべてテーブル席ですが、子ども用のイスも用意されているので安心。2才の次男もしっかり座ってお食事ができました!

他にも、乳幼児向けに取り分け用のお椀やスプーンなど、レジ横のカウンターに並んでいます。
小さい子がいるとスプーンやお箸を落としたり、追加でお椀を使いたくなったりすることも。その都度、忙しい店員さんにお願いしなくてもいいので、すごく楽だなと感じます!

店内では、傘やお昼寝用のござも貸し出ししています。沖縄の天気は、すぐに変わりやすいので、ちょっとした心配りがありがたいですね。
また、ござを借りて木陰で、外でお昼寝するのもとても気持ちよさそう。

番外編:ベビーカーをお留守番して、歩いて楽しむスポット!

最後に番外編として、ベビーカーでは入れないけど、ぜひ回ってほしいスポットをご紹介します。

まずこちらは、竜の像が印象的な天染池(てぃんずみむぐい)。

池の上を歩きながら、蓮の花を近くで見ることができます♪

天染池での足場は狭く、少し揺れるため気をつけて渡ってくださいね。
ちなみに、ゆっくりと進むなら、2才の次男でも渡れます!

梅雨から夏季にかけて、きれいな蓮の花が池の周りに咲きはじめます。私も、近くで蓮の花を見たのははじめてで嬉しかったです♪

続いて、木の妖精「キジムナー」のつむじという意味の赤巻(あかまーちゅー)。緑の壁に囲まれたぐるぐる迷路になっています。

「あれ、行き止まりだ…。こっちかな?」「ここさっきも通らなかった!?」と大人も一緒に楽しめますよ~

かなり道が細くなっているため、ベビーカーで入ろうとするとパパも悲しい顔になります。笑
ベビーカーを置いて抱っこして、赤巻を歩いてみてくださいね♪

赤ちゃん連れでもビオスの丘は楽しめるし、お出かけの参考になれば! 自然の中でたっぷりと体を動かして心も体もリフレッシュしちゃいましょう♪

ビオスの丘

住所

沖縄県うるま市石川嘉手苅 961番の30 GoogleMap

アクセス

那覇空港から車で1時間15分

TEL

098-965-3400

営業時間

9:00〜18:00 ※入園 17:00まで

定休日

定休日:年中無休

駐車場

あり/普通乗用車200台

近隣のおすすめ記事

×