Blog Image

那覇から30分で行ける「東南植物楽園」へ家族でお出かけ! 植物と動物に癒されよう 〜水上楽園編〜

アクティビティ 沖縄県 / 沖縄市

沖縄に住んでいたら、遠足で一度は訪れたことがある「東南植物楽園」。1968年にオープンして、1,300種と50,000株の植物を鑑賞できる屋外植物園です。2013年7月にリニューアルしてからは、園内で動物とのふれあいゾーンも登場して、家族で、また3世代でより楽しめるスポットとなりました。今回は、水上楽園へと遊びにいきます。

東南植物楽園までの場所

沖縄市にある東南植物楽園は、那覇方面から向かうなら沖縄自動車道の沖縄北ICで降りると便利。「沖縄東南植物楽園」の看板を目印に進むと迷わずに到着できます。

東南植物楽園では、駐車場を挟んで植物と水の景色や動物とふれあえる「水上楽園」と、亜熱帯のヤシ並木が堪能できる「植物園」の2ヶ所あります。

水上楽園と植物園、入園のときはステッカーを無くさないように!

今回、事前チケットを予約せずに受付にてチケットを購入。チケットはステッカーになっていて、植物園に行くときもこちらを見せればOKです。途中で落とさないように、気をつけてくださいね。

吹き上げる噴水で歓迎のごあいさつ

水上楽園内へ入ると、すぐさま日常から離れた植物の楽園が広がります。噴水が遊びにくるのをお待ちかねしているように、プシューと吹き上がりました!

園内を散歩していると、見慣れているはずのタコの木やストレリチアの花もイキイキしていて、強い生命力を感じますね。

お尻ふりふりがとってもキュートなバリケン

思いやりの湖では、蓮の花や水面を泳ぐ鯉たちが生息する湖です。バリケンも鯉のエサが大好きだから、気づいたらこの辺りをウロウロ。お尻がキュートでみていてほっこりしちゃいます。

6月になると蓮の花が満開となるため、時期によって楽しみ方は様々ですね!

とびきり可愛いやぎの親子に会える「やぎ島」

やぎ島では、9時30分から17時までヤギの公開時間です。子ヤギちゃんのつぶらな瞳にロックオンされてしまい、私たちはしばらくやぎの親子を見つめていました。あ〜、かわいい◎

ジャングルの小道を探検してみよう!

園内の小道はジャングルのような草木がいっぱい!

野鳥や恐竜の鳴き声が聞こえてきそうな……。草木が生い茂っている入口を通り抜けるのは結構勇気が必要、でも中へ入ってみると歩きやすかったです。

水上楽園では1年中ハイビスカスが咲いているそう。あかばな通りを歩いていると、学校帰りにハイビスカスの蜜を吸って遊んだことを思い出しました。

動物に餌やり体験ができる「なかよしチャンプルー広場」

なかよしチャンプルー広場では動物たちに餌やりを行えるんです。

動物たちの餌は100円から200円で販売していて、子供たちも気軽にうさぎに餌やりしていましたよ。

なんと、かめさんとうさぎさんが会話中……かけっこの相談でもしてるんでしょうか♪

トイレは4箇所 園内マップで確認しておこう!

受付で手に入るマップによると、トイレは屋外に2ヶ所とレストラン、お土産ショップに2ヶ所あります。場所によっては、トイレまで距離があるため、事前にチェックしておいてくださいね。

お休み所を見つけたら、休憩しながら水分補給も忘れずに!

園内をついつい歩きすぎてしまう、そんなときに抑えておきたい休憩所。子どもとおでかけするときは、日差しが強いときに重宝しますね。

バードオアシスで30羽の鳥たちを見よう!

バードオアシスにいくと、目の前に鳥たちが近づいてきます。シロクジャクさんが羽を広げてくれるといいな〜!

約30羽の鳥たちは、意外と人に慣れていて近づいても驚きませんし、落ち着いています。なんて愛くるしんでしょうか。

自然の中で思いっきり遊んじゃおう!子ども向けの遊具コーナー

植物園では無料で利用できる遊具があって、子どもたちが集まっていました。外で思いっきり走って、遊びまわれる、見ている私たちにも楽しさが伝わってきます。

他にもツリーハウスがあって、上まで登ると見晴らしが良さそう。子供達も大はしゃぎで遊んでいます。

天空まで届きそうなヤシの木

沖縄にあるヤシの木は、50年以上の歳月を経て形成されていて、見ていてもダイナミックです。

インスタ映えあり、体験教室あり、休憩所あり!

五感をテーマにしたショップ「パートナーシップ」の中にある休憩室は無料で使えました。

授乳室やベビーシート、ベビーカー貸し出しのサービスもあって小さなお子さん連れでも利用しやすいですね。

キッズスペースを見ていると「きゃー!」食虫花に食べられている人が!! こんな遊びもたまにやると子どもに戻った気分。

季節限定の体験プログラムや、ハーバリウム作り、シーサー絵付け体験もやってます。家族で体験できるプログラムがいっぱいで時間があっというまに過ぎそう。

壁一面に、素敵なデコレーション。ここならインスタ映えの写真を上手く撮れますね。

赤ちゃんも安心して食べられる、オリジナル知花ジェラート!

東南植物楽園オリジナルの知花ジェラートは、無香料・無着色で体に優しい味で仕上がっています。いちごヨーグルト(左 )と山原産のカスタード(右)を舌鼓。

甘いものを食べてエネルギー補給したあとは、お隣の「植物園」へ行くことにしました。

まとめ

東南植物楽園のうち、今回は水上楽園を遊び尽くしました! 気がつくと2時間歩き回っていました。休憩場所も多いので、お弁当を用意してピクニックするのもオススメです。

東南植物楽園

住所

沖縄県沖縄市知花2146 GoogleMap

アクセス

那覇ICから高速道路利用で約30分

TEL

098-939-2555

営業時間

基本:9:00〜18:00(最終17:00)

定休日

無休

駐車場

あり/無料

近隣のおすすめ記事

×