Blog Image

沖縄県北部で車中泊(後編)

お出かけ 沖縄県 / 国頭郡 本部町

車中泊での一人旅が趣味になりつつあるN(えぬ)です。
またひとり車中泊の旅を敢行しましたので、皆様よければ一読ください。

 

行き先は沖縄県北部!
定番のあの観光地から、歴史的観光地・グルメなど満喫してきました。
今回も前編と後編でお送りいたします。

 

沖縄県北部で車中泊(前編)
https://tavi-que.jp/odekake/okinawa-yuntanza-museum/

 

過去記事はこちらから↓↓
初キャンプ編(前編・後編)
https://tavi-que.jp/odekake/first-challenge/
https://tavi-que.jp/odekake/smoked-meat/

 

初ひとり車中泊編(前編・後編)
https://tavi-que.jp/odekake/uminoeki-ayahashikan-1st/
https://tavi-que.jp/odekake/uminoeki-ayahashikan-2nd/

 

美ら海水族館到着

「世界遺産座喜味城跡 ユンタンザミュージアム」を観光し、
「道の駅 許田やんばる物産センター」で休憩したあとはー

沖縄屈指の観光スポット「美ら海水族館」

公式HP→https://churaumi.okinawa/
営業時間 (10月~2月):8:30~18:30、(3月~9月):8:30~20:00
定休日 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日) 駐車場 無料

空港のある那覇市からの出発だと到着に2時間~3時間程度
かかってしまいますが、来る価値は十分です。

水族館は観光客であふれていますが、駐車場はかなり広いので安心。
入館料は大人 ¥1,880円 でした(※16:00以降なら¥1,310)

「美ら海水族館」館内へ

美ら海水族館のテーマは「沖縄の海との出会い」

テーマの通り館内では多種多様な
水圏の生き物たちを見学可能でした。

入ってすぐの場所には直接生物たちに、
触れられるコーナーがあり、人だかりが。

さらに館内を進むと、通路は徐々に薄暗くなっていきますー

そして待っていたのは薄暗い通路とは対照的な美しい水槽と
水槽の中をのびのびと泳ぐ水圏の生物たち。

子どもたちはもちろんですが、大人も水槽に夢中になれます。
いえ、むしろ大人の方が目を惹かれるかも…(笑)

館内ガイドや音声ガイダンスなども充実していて、
楽しみ方は生物を見るだけではありません。

少し遠出にはなってしまいますが…
沖縄を訪れる観光客の人たちには是非行ってもらいたい
観光スポットです。

車中泊

「美ら海水族館」のあとは、沖縄県北部を気ままにドライブ。

ほどよい疲れを感じた頃、向かったのは再びー
「道の駅 許田やんばる物産センター」

住所→沖縄県名護市字許田17-1
公式HP→http://www.yanbaru-b.co.jp/

フードコートのようなところで夜食を済ませ、
ついでにお土産も購入し、車中泊の準備。

やはり道の駅は車中泊にめちゃくちゃ便利。

一人車中泊の旅、今回も大満足で終えることができました。

この記事を書いた人

記事提供:N(えぬ)

N(えぬ)さんの記事一覧

近隣のおすすめ記事

×