Blog Image

快適な居住性と乗り心地を実現させたToy-Factoryのキャンピングカー

特集

2017年度のハイエースベースキャンピングカー国内総売上において、約50%の市場を占めたのが、Toy-Factoryのバンコンキャンピングカーでした。

 

なぜ、Toy-Factoryのキャンピングカーがここまでの人気を集めるのか。そこには、従来のキャンピングカーとは異なる、Toy-Factoryの技術力が結集した圧倒的な商品のアドバンテージにありました。

 

そこで今回は、Toy-Factoryが手掛けるキャンピングカーの特徴や性能について紹介していきます。また、Toy-Factoryが推奨しているキャンピングカーでの新たな「遊び」についても触れながら紹介していくので、最後までご覧ください。

様々なニーズに応える柔軟なレイアウト

多くのユーザーに愛され、業界のトップを走り続けてきたToy-Factoryのキャンピングカー。その魅力の1つとして、様々なニーズにも柔軟に対応できるレイアウトが挙げられます。

中でも、2009年の登場以降Toy-Factoryのフラッグシップモデルとして君臨する「バーデン」は、ユーザーによってまちまちなキャンピングカーの重点を満遍なく網羅した1台として、数多くのユーザーが愛用しています。

常設も可能なリヤベッドは大人3名でも就寝可能な広さを誇り、ダイネットを展開することで更に大人2名分の就寝スペースを確保できるフロアベッドも設置。全てをフルベッドにした状態でも、リヤベッド下部に広大な収納スペースが確保されているので、ゆとりある就寝スペースと大容量の収納スペースを両立させています。

また、「バーデン」には上蓋式の40L冷蔵庫とステンレスシンクを要したシステムキッチンも完備。上質なインテリアに加え、車中泊シーンでの使い勝手にこだわった快適な車内空間を実現させているのです。

※主なラインナップはコチラをご参照ください

従来のキャンピングカーとは一線を画した性能を実現

元々は、トラックや貨物バンをベースとして作られたキャンピングカー。荷物の積載量や就寝スペースなどの居住性を重視する傾向が強く、そのため、値段の割には乗り心地があまり良くないという印象を持たれてしまうケースも多々ありました。

しかし、Toy-Factoryのキャンピングカーは、そんな従来のキャンピングカーには当てはまらない性能と車内環境を実現。キャンピングカーとしての居住性と使い勝手に加え、長距離ドライブでも苦にならない乗り心地を追求しています。

Toy-Factoryは創業以来、キャンピングカーの断熱に徹底してこだわってきました。「夏は涼しく、冬は暖かい」構造を実現すべく試行錯誤を重ねてたどり着いた1つが「エアロウィンドウ」。アクリル2重窓の装着が可能となり、これによって住宅と変わらない断熱効果を実現。Toy-Factoryのバンコンにのみ装着が許されている特許商品になっています。

また、室内の居住性ばかりに目が行きがちになるキャンピングカーですが、Toy-Factoryは車本来の性能にも着目。そこで生まれたのが「101T-SR」のパーツ群でした。これによって車両本来の走行性能を呼び戻し、長距離のドライブでも苦にならない、快適な乗り心地を実現。従来のキャンピングカーとは異なる上質な乗り心地を体感できます。

※詳しくはコチラをご参照ください

相性抜群のミニベロで旅先での「遊び」を

キャンピングカーにミニベロ(小径自転車)を積んで旅をする楽しさを届けるべく誕生した、Toy-Factoryの小径自転車専門店「TOY-BIKE」。キャンピングカーでの「遊び」を提案するToy-Factoryにおいて、ミニベロはキャンピングカーでの「遊び」に相性抜群の商品です。

「TOY-BIKE」1番の売れ筋は、折りたたみ式電動アシスト自転車の「Daytona」。バッテリーやモーターの存在を目立たなくし、一見普通の自転車のようなデザインが特徴です。

また、キッズバイクを専門に手掛ける「ヨツバサイクル」も、もうひとつの売れ筋商品。「自転車あそびの楽しさを子供たちに」をコンセプトにしたキッズ専用の自転車を展開しています。

旅先で自転車を活用できると選択肢や行動範囲が広がり、より自由に楽しめる旅が実現します。耐久性にも優れており、ロングライド用の自転車とも遜色ないクオリティのものをラインナップ。キャンピングカーにミニベロを積んで、旅先で活用してみてはいかがでしょうか?

※取り扱いブランドについてはコチラをご参照ください

快適な居住性と乗り心地を約束

従来のキャンピングカーとは異なり、居住性だけでなく乗り心地の良さも追求したToy-Factoryのキャンピングカー。

1995年の創業以来、現状に満足することなく革新的な技術の導入に取り組み続け、年々ブラッシュアップを重ねてきた結果が、Toy-Factory1台1台のキャンピングカーに表れています。

Toy-Factoryの最新で最高の技術が結集したキャンピングカーで「遊び」を実際に体感してみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------
Toy-Factory(トイファクトリー)東京

<TEL>
042-850-5548

<営業時間>
10:00~20:00 ※レンタカー受付(11:00-19:00)

<定休日>
通年営業(施設休館日のみ休業)

<住所>
東京都町田市鶴間3-4-1 グランベリーパーク セントラルコート1階F104

<トイファクトリー 公式HP>
https://toy-factory.jp/

<キャンピングカーレンタルサービス「Capuca(カプカ)」>
https://capuca.jp/
----------------------------------------------------------------

この記事を書いた人

記事提供:藤森 大輔

藤森 大輔さんの記事一覧