Blog Image

キャンピングカーのトイレ事情とは?3種類のトイレタイプを解説

特集

車中泊ができる手段を求めるライトユーザーへの人気も高まっているキャンピングカー。入門者向けのモデルが、各メーカーから発売されています。

 

キャンピングカーを初めて購入する際に気になる設備といえば「トイレ」ですよね。長距離移動の道中、宿泊先などのトイレの問題を考える必要が出てきます。

 

そこで今回は、キャンピングカーのトイレ事情と備え付けができる3つのトイレタイプを解説します。

キャンピングカーはトイレを備え付けられる

キャンピングカーには、トイレが備え付けられているモデルと後からトイレを設置するモデルがあります。輸入車はほとんどトイレが標準装備です。

購入の際にトイレ問題はよく吟味しましょう。トイレを設置しておけばいつでもいける安心感もあり、お子様連れの場合にも強く、トラブルへの対処ができます。

一方で、トイレを設置しない選択をしても道中のコンビニや道の駅などで、こまめなトイレ休憩を挟めば、問題なくお出掛けできる場合もあります。選んだモデルにトイレを置くスペースがなかったり、トイレの後始末をどうしても行いたくなかったりする場合には、トイレを設置しないことは選択肢のひとつです。

トイレを設置すると便利ではありますが、いくつかデメリットもあります。まずはトイレを設置するためにスペースが必要になる関係で、車内の収納や機能が減ってしまいます。

そして、トイレの後始末も各自でやらなくてはいけません。とはいえ最近のモデルなら汚水タンクから臭気や水気が漏れることがないような機能になっています。さらに、トイレのタイプや流す場所によっては排泄物を見ることなく処理が行えるため、不快感を減らせる場合も。

トラブルに強いメリットがあるため、やはり初心者の方にはトイレを設置することがおすすめです。

キャンピングカーには3種類のトイレタイプがある

キャンピングカーのトイレタイプは主に3つの種類があり、基本的に全て水洗の洋式が採用されています。どのタイプでも、排泄物を汚水タンクに溜めておき、所定の場所で処理をする点は共通です。

それでは、3種類のトイレタイプの違いを解説していきましょう。


①マリンタイプのトイレ
マリンタイプは、キャンピングカー内部に常設するトイレタイプです。アメリカの輸入車に多いタイプで、船と使われているトイレと同じ仕組みになっていることから、マリンの名前が付きました。

常設されているため、使い心地は家のトイレと近く清潔感もあり、慣れていない方でも不安なく使えます。車内に固定された汚水タンクに排泄物が溜まる仕組みです。

後始末は、ホースを使って所定のダンプステーションや浄化槽に繋げるだけ。汚水タンクを持って洗う手間もなく、気持ち良く扱えます。


②カセットタイプのトイレ
カセットタイプは、マリンタイプと同じくキャンピングカー内部に常設するトイレタイプです。こちらは国産車に多いタイプで、汚水タンクが取り外し式になっている点がマリンタイプと異なります。

家のトイレと近い使用感ですが、後始末は汚水タンクを取り出して、自分でトイレやダンプステーションに運ぶ必要があります。

タンクを取り出すと自動で蓋が閉まり、中身が漏れないようになっているため、不快感はそれほどありません。


③ポータブルタイプのトイレ
ポータブルタイプは、常設ではなくキャンピングカー内のフリースペースを見つけて設置するトイレタイプです。後付けが容易で、使用しない場合には外しておくこともできます。

設置場所は自分たちで決めなくてはならないため、個室の扉やプライバシーが重視された場所に置けるかはキャンピングカー次第な点もあり、好き嫌いが分かれるタイプです。

後始末は、汚水タンクを自分で取り出して運び、水を入れて洗う必要があります。


好みがあるタイプですが、大きなメリットとして防災として使える点も。キャンピングカーを使用しないときに家に置いておけば、万が一の災害の際には緊急トイレとして使うことができるのです。

キャンピングカーにトイレを設置すれば快適に楽しめる

キャンピングカーを購入する際には、見た目のデザインや設備、お出掛けをする場所などに目が向きがちです。

もしもトイレ設備に目を向けなかった場合、購入後に不満を抱いてしまう可能性があります。
特にお子様やトイレが近い方など、排泄のコントロールが上手くいかないトラブルが発生することもあるためです。

家族や友人総出で仲良く出掛けてキャンピングカーライフを楽しむためにも、トイレが設置できるモデルの購入をおすすめします。

この記事を書いた人

記事提供:蓮池ヒロ

蓮池ヒロさんの記事一覧