Blog Image

Mini POP Beeはこんな軽キャンピングカーだ!

車種・関連商品

こんにちは、おじまるです。

僕が乗っている軽キャンピングカーは見た目もカッコイイけどコンパクトな車体からは想像できない程の居住性と快適に過ごすための装備が積載されています。

 

今回はそんなMini POP Beeの体験レポートをご紹介したいと思います!

カッコ良くて可愛らしいアメリカンテイストなルックス

Mini POP Bee(ミニポップビー)は軽トラックの荷台にアメリカンテイストのキャビンを載せ、運転席とキャビンを行き来できるように繋げてあります。他の軽キャンピングカーには無いカッコ良くて可愛らしいルックスなので、この外観に惹かれたら他のメーカーの軽キャンピングカーには乗れないかも!?

普段使いもストレスなし

普段は車高が2メートル以下なので、立体駐車場にも駐車可能で狭い道もスイスイと移動できるため、普段の生活に使用してもストレスのないキャンピングカーです。

ポップアップすると想像以上の空間!

キャンプ場やRVパークに泊まる時はキャビンの屋根をポップアップすればキャビン全体の天井が持ち上がり、軽キャンピングカーとは思えない程の大きな居住空間ができます。小柄な大人なら車内で立つことが可能なので着替えも容易にできます。バンクベッドを使用することで4人が就寝可能となります。

安全性と実用性を兼ねた荷台のアオリ

Mini Pop Beeの軽トラックの荷台丸出しの外観は、人によっては好みではないと感じる人はいるかもしれませんが、荷台のアオリを残すことで車両の強度をなるべく低下させずに安全性能を確保しているらしいのです。オプションでこの荷台のアオリをテーブルとして使うことも可能になり、強度と実用性を兼ね備えたものとなっています。

装備について

軽キャンピングカー購入の際、はっきり言ってキャンピングカーの装備のことを何にも知らない状態でした。どんな装備があるのか?その装備がどんなものなのか?本当に無知でした。

何も知らない状態でも、メーカーの社長さんや社員さんから色々と教えてもらい、自分でネット検索して、少しずつ知識が付きました。

今は軽キャンピングカーを約1年半使ってきて、この装備があって良かったーと思えるものをご紹介できるようになったと思います。

独断と偏見で
● 必須装備
● あると便利な装備
● 今後取り付けたい装備
に分けてキャンピングカーの装備を簡単にご紹介します!

必須装備はこれだ!

天井に取り付けられているファン(換気扇)

ポップアップ式の軽キャンピングカーでは珍しくMini Pop Beeには天井に設置されたファンを装備できます。天井に取り付けられたファンはとても換気効率が良く、ファンの回転方向を変えることもできるため車内の空気を外に出すことも、外の空気を車内に取り込むに取り込むことも可能です。夏場はこのファンのお陰で車内温度を下げることができます。


サブバッテリー

キャンピングカーなら標準装備と言ってと過言ではないサブバッテリー。車を動かすバッテリーとは別にキャンピングカーとして使う電気を溜めておくバッテリーです。このバッテリーのお陰で車内で電気を使うことが可能になります。たとえこのバッテリーが空になっても車の走行には支障はありません。因みに僕のMini POP Beeにはサブバッテリーが2個装備されています。


外部AC電源、コンバーター
家庭用電源を取り込むソケットです。家庭用コンセントからコードでこの電源に繋ぎ、サブバッテリーを充電したり、そのまま電源を使うことができます。


大出力インバーター

軽キャンピングカーには必要なさそうな大出力のインバーターですが僕はかなり使っています。1,500W以上のインバーターを装備すれば電気ケトルやドライヤーも使用可能です。特に電気ケトルが使えると火を使わずに安全で短時間にお湯が湧かせるのでとても重宝しています。インバーターには擬似正弦波と正弦波がありますが、擬似正弦波だと動かない機器があるそうなので正弦波のインバーターを装備する方が良いですが、正弦波のインバーターは擬似正弦波よりも高価なのが一般的です。


FFヒーター

簡単に説明すると車のエンジンを止めた状態で使えるヒーターです。車の燃料タンク内のガソリンを使って稼働する(別の燃料タンクで稼働するものもあります)ので、FFヒーターのために燃料を補給する手間もありません。排気ガスは車外に排出されるため安全性能の高いヒーターです。冬にキャンピングカーを使用するなら必須装備だと思います。キャンピングカーを購入して冬に使わない人は少ないと思うので装備しておくと冬場も快適に過ごせます。ただし装備の中では高価な部類に入ると思います。


ポータブル冷凍冷蔵庫

有名な冷凍冷蔵庫は「ENGEL(エンゲル)」という冷凍冷蔵庫です。僕もエンゲルの14リットルタイプを使用していますが、速くよく冷えます。ダイヤルで調整すれば氷もできるほど冷え、音も気にならない程度です。基本はDC電源で稼働しますがAC電源に変換するアダプターも発売されています。

あると便利な装備

サイドオーニング

軽キャンピングカーのサイドオーニングはそれほど大きなものは取り付けられませんが、キャンプの時などに手軽にサイドオーニングを広げて寛ぐことができます。僕はキャンプに行くことが多いので使うことの多い装備となっています。


ポータブルトイレ

軽キャンピングカーにポータブルトイレが設置できる車種がどれだけあるか分かりませんが、Mini POP Beeにはトイレを設置できるスペースを確保できます。あまり使う機会はありませんが、トイレのない場所でも車中泊可能ですし、大雨が降っている日など外に出たくない時には活躍してくれる装備です。

今後取り付けたい装備

ソーラーパネル
ソーラーパネルは是非付けたい装備です。
AC電源に繋ぐことなくサブバッテリーへ充電が可能なので長期の旅行や災害時に活躍するはずです。もはや必須装備に入れてもよい装備です。

まとめ

軽自動車と同じサイズの軽キャンピングカーは普段使いもストレスになりません。
ストレスになるとしたら、「目立ちすぎる!」ということくらいです(笑)

コンパクトだけどキャンピングカーに必要な装備はしっかりと積載できるので、いつでもどこでも快適に過ごすことが可能です。

日頃の買い物に行ったり、気ままに車中泊の旅に出たり、雨の日でも快適に車中泊キャンプをしたりと大活躍の軽キャンピングカーですが、災害時にも活躍してくれるのではないかと期待しています。

今では「なくてはならない存在」となった軽キャンピングカーは、僕の生活と遊びを変えてくれました!

×